メニュー

プロフィール

藤井 一
■ 東京都議会議員(6期)
■ 昭和28年7月、大田区糀谷生まれ。63歳
■ 南蒲小、東蒲中を経て、創価大学法学部卒業。
■ 昭和51年4月大田区役所入庁。
■ 平成4年大田区役所厚生部福祉計画担当課長に就任。
■ 平成5年6月都議会議員に初当選。
党都本部幹事会会長、同大田総支部顧問。都監査委員。
都議会党顧問。都議会副議長、厚生委員長など歴任。
■ 趣味は読書と水泳。妻と一男一女の4人家族。

はじめ物語

昭和28年7月、大田区糀谷で生まれました。
南蒲小学校、東蒲中学校を卒業して、生粋の大田区生まれの、大田区育ちです。
負けん気の強い子どもでした。
小学校2年生の時、母親が踏切で事故に遭い、身体が不自由になりました。しかし母親のハンディに負けずに笑顔をたやさず、明るく前向きに生きる姿は、私に生きる素晴らしさ、また、苦難を乗り越える勇気を教えてくれました。
また「弱い立場の人を守る人間になろう」との思いを固めるきっかけとなりました。
高校時代、創立者の「一人の勇気ある人、真実と正義を訴えられる人に」との言葉に感銘し、大学では法学部に在籍し、イギリスの腐敗政治史を学びました。
昭和51年、大田区役所に入庁。面接の際、「やりたい仕事は」との問いに、即座に「福祉です」と答えました。その決意通り、福祉事務所、老人福祉課の仕事に携わり、福祉計画担当課長として福祉の現場を走り抜いてきました。

地元の声を都政に反映する。
平成5年、都議会議員選挙に挑戦し、支援者の皆様のお陰で、都政の場に送って頂きました。

プロフィール